著作:『蝶の図鑑(www.j-nature.jp)』

ミカドアゲハ

ミカドアゲハ
2012.5.11 徳島県海部郡海陽町

ミカドアゲハは、日本にすむアゲハチョウ科のうち、アオスジアゲハと同属です。
日本での個体数も少なく、高知市の発生地は、国の特別天然記念物に指定され保護されています。
日本では、沖縄、九州、山口県の一部、四国の太平洋岸の低地、和歌山県、三重県に分布します。
ミカドアゲハという和名は、この蝶の発見者であるL.H.リーチ氏が明治天皇に献名したことからこの名が付けられました。

ミカドアゲハ
2012.5.11 徳島県海部郡海陽町

ミカドアゲハ
2008.5.11 高知県室戸市
食樹のオガタマに産卵する♀

ミカドアゲハ
1999.5.8 徳島県海部郡海南町

赤班型と黄班型の交尾

四国には、赤班型と黄班型の2タイプが生息しています。

ミカドアゲハ
赤班型 1996.05.24 徳島県海部郡海南町

暑い日は、吸水して低温調節やミネラルを補給します。

ミカドアゲハ
赤斑型 2005.5.15 徳島県海部郡日和佐町

赤班型は、四国、紀伊半島と沖縄以南に生息しています。

ミカドアゲハ
黄班型 2005.5.5 徳島県海部郡日和佐町

黄班型は、四国、山口、九州(屋久島まで)に生息しています。

ミカドアゲハ
2011.10.29 沖縄県石垣島バンナ公園

八重山産は、別亜種に区分されています。
石垣島や西表島の♀はまれに黄色みの強い個体が見られます。
飛んでいるとナミアゲハのようです。

ミカドアゲハ
2013.10.26 沖縄県石垣島屋良部岳

ミカドアゲハ
2005.10.21 沖縄県石垣島真栄里林道

石垣島や西表島では、集団吸水をよく見かけます。

ミカドアゲハ
2006.5.7 沖縄県石垣島嵩田林道

八重山産亜種は、本土のものに比べて青みが強く、アオスジアゲハのように見えます。

その他のミカドアゲハのページはこちら