著作:『蝶の図鑑(www.j-nature.jp)』

ヤマトシジミ

ヤマトシジミ
2012.6.25 徳島県海部郡海陽町大里

海岸近くから高山まで普通に見られます。
カタバミのある付近の地面すれすれを飛んでいます。

ヤマトシジミ
2002.10.26 沖縄県石垣島バンナ岳

八重山地方の個体は、裏面の色合いが異なるため別亜種とされています。

ヤマトシジミ
2018.4.9 徳島県海部郡海陽町大里

食草のカタバミで吸蜜する♀

ヤマトシジミ
♂ 2016.12.6 徳島県海部郡海陽町大里

ヤマトシジミ
♀ 2012.6.25 徳島県海部郡海陽町

ヤマトシジミ
2017.1.1 徳島県海部郡海陽町大里

低温期型の♀ 早春や晩秋に見られるメスは、翅表面に青い鱗粉が発達することがあります。

ヤマトシジミ
2017.8.31 徳島県海部郡海陽町大里

求愛

ヤマトシジミ
2012.9.12 徳島県海部郡海陽町大里

数が多いと1頭のメスに複数のオスが求愛する光景を目にします。

ヤマトシジミ
2004.8.15 徳島県海部郡海陽町大里

交尾

ヤマトシジミ
2014.9.28 徳島県海部郡海陽町芝

カタバミの葉裏に産卵。

ヤマトシジミ
2016.7.16 徳島県海部郡海陽町大里

斑紋異常型
ヤマトシジミの裏面黒斑紋の異常はよくあるようです。

ヤマトシジミの他の異常型については「蝶の翅の斑紋異常(異常型)」をご覧ください。