著作:『蝶の図鑑(www.j-nature.jp)』

ムラサキツバメ

ムラサキツバメ
2003.10.5 徳島県海部郡牟岐町

近畿よりも西に生息していますが、生息場所が限られているため、
なかなか出会うことが出来ません。
ムラサキシジミをひとまわり大きくしたような蝶です。
習性もよく似ていますが、尾状突起があるのが特徴です。

ムラサキツバメ
2004.11.23 高知県室戸岬

♀は、翅を広げると名前の通り紫色をしています。

ムラサキツバメ
2016.9.4 徳島県海部郡海陽町大里

♂は、裏全面が紫か黒っぽくなります。

ムラサキツバメ
2004.11.3 徳島県海部郡海南町

あまり目にすることはありませんが花にもやってきます。
チャノキ(茶)の花で吸蜜。

ムラサキツバメ
2004.1.2 徳島県海部郡海南町

集団越冬

大きな葉の裏などに身を寄せ合って集団で越冬します。
枯れ葉が、集まっているように見えます。
写真は、ハランの葉。