著作:『蝶の図鑑(www.j-nature.jp)』
撮影時期

2021年2月1日から現在まで使用しているメインカメラです。
上記の期間中に撮影している写真はこのカメラでの撮影です。
D5300が古くなり、ミラーレスカメラを購入しました。
D5300は、まだ使えるため予備機(サブ)として使用する予定です。
このカメラとレンズで撮影した写真。

有効画素数:2088万画素
画像情報:5568 x 3712 ドット 24 ビット
横解像度:300.0dpi 縦解像度,300.0dpi


撮影例 :モンキチョウ(8.84MB)
写真をクリックするとオリジナルの画像が表示されます。
 
撮影レンズ:
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR
カメラ

Nikon Z50
 (詳細

2088万画素のレンズ交換式ミラーレスカメラです。
最大 5568 x 3712ピクセル。
チルト式(上下方向に可動)の液晶モニター、Wi-Fi通信、Bluetooth、タッチパネル機能を搭載しています。
フルフレーム4K UHD動画
d5300に比べ少し小さく軽くなりました。
今までのレンズが使用できるようにFマウントアダプター(FTZ)もセットで購入
レンズ

AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G
詳細

D40x、D90、D5300で使用していたマクロレンズはそのまま使用します。
手ブレ補正機能内蔵の105mmマクロレンズです。
CCDの大きさの関係で1.5倍になるので実質焦点距離158mm相当になります。
ピント合わせも素早く、チョウを撮影するシャッターチャンスを逃すことも少なくなります。

このマクロレンズ1本で、風景からシジミチョウの卵の模様まで撮影できます。

手ぶれ補正機能もあり、薄暗い場所での撮影に威力を発揮します。
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR詳細

2019年7月から使用。
手ブレ補正機能内蔵の70mm〜300mmズームレンズです。
CCDの大きさの関係で1.5倍になるので実質焦点距離450mm相当になります。
高い木の上に止まっている蝶も大きく写すこと可能。

軽いのでほとんどこのレンズを使用しています。

AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G詳細

2019年6月から使用。
40mmマクロレンズです。
蝶の卵等を撮影するために購入。
焦点距離が短いため細かいところまで撮影することが出来ます。

<<戻る